国会よりBlog

【速報】田中原子力規制委員長が11月22日の答弁について謝罪

本日12月9日の原子力問題調査特別委員会で阿部知子は、11月22日の本委員会での田中原子力規制委員長の答弁について事実確認と謝罪を求めました。

 

11月22日の委員会で阿部知子は同日朝、福島第二原発3号機プールの冷却が一時停止したことを取り上げましたが、田中委員長は阿部知子が指摘したプールの水温について、「先生がどこで入手された情報かわかりませんけれど」あるいは「測った場所が違うのに、何かちょっとそういう誤解を招くような報道があったのではないか」等答弁しました。

(詳細は「11月22日の原子力問題調査特別委員会での阿部知子質問及び田中原子力規制委員長答弁について」)

 

これについて、9日の原子力問題調査特別委員会で田中委員長は、「11月22日の本委員会で阿部先生からのご質問を受けた時点では、東京電力がそういう発表(冷却停止時のプール水温28.7度、冷却再開時29.5度との当初発表)をしているということはわかりませんでした……私がそういう情報をきちっと捉えていなかったということの不明についてはお詫び申し上げたいと思います」と述べ謝罪しました。

また、「東京電力は誤った情報を出してしまったということですので、それについてはきちっと注意をしまして、訂正を求め」たとしました。

 

なお、阿部知子は、11月22日の委員会でその後に質疑に立った足立康史議員が、阿部知子が「デマ」を言ったという趣旨の発言をしたことについての取り扱いを理事会で協議するよう三原特別委員長に要請しました。

2016/12/09 国会質疑   abetomoko